無料ゲーム 777 Pachinko Slots この日本のギャンブルゲームについて知っている

パチンコ

パチンコ は日本で人気のあるレクリエーションギャンブルの形態であり、ピンボールとスロットマシンの組み合わせと比較されることがよくあります。正確にはスロットマシンではありませんが、いくつかの類似点があります。パチンコ店は日本で広く普及しており、ユニークなゲーム体験を提供しています。USD 20 Free Bonus 新規プレイヤーに無料ボーナスを提供するオンラインカジノをお探しですか?すべての新規サインアップにお気に入りのゲームで使用できる無料のボーナスを提供するこの一流のカジノをチェックしてください。

パチンコ

パチンコ機は縦型ピンボール機に似ていますが、西洋のピンボールとはいくつかの点で異なります。オーナー(通常は個々のゲームが並ぶ「パチンコ店」)は、小さな(直径11 mm)鋼球をプレーヤーにリースしますが、ピンボールゲームはより大きなキャプティブボールを使用します。

プレーヤーは1つ以上のボールをマシンに挿入し、マシン内のパッド入りハンマーに接続されているバネ仕掛けのハンドルを押して放し、ボールを金属トラックに発射します。ボールが勢いを失うと、トラックはボールを競技場に向けます。一部のパチンコ機には、ボールが上部に到達するとバウンドするバンパーがありますが、他のパチンコ機では、ボールが2回目に上部に到達したときに落下する前に、競技場全体を移動できます。

競技場には、多数の真ちゅう製のピン、プレーヤーがボールが落ちることを期待するいくつかの小さなカップ(各キャッチャーはボールよりもほとんど広くありません)、そしてキャッチャーが誰も打たなかった場合にボールが落ちる下部の穴があります。ボールは、ピンからピンへと転がるときにフィールドを横切って横方向に偏向し、降下を遅らせて横方向に偏向させます。ボールがキャッチャーを貫通するとペイアウトがトリガーされ、これにより、マシンの前面にあるトレイに多数のボールが落下します。

1960年代以降、多くのゲームで「チューリップ」キャッチャーが登場し、キャッチャーの幅を広げるために小さな足ひれが開きます。それらは機械によって制御され、ランダムにまたは特定のパターンで開閉することができます。熟練したプレーヤーは、足ひれが開いているときにキャッチャーに到達するようにボールを発射しようとします。

ゲームの目的は、報酬と交換できるできるだけ多くのボールを集めることです。もともとパチンコ機は完全に機械式でしたが、その後、広範な電子部品が組み込まれ、ビデオスロット機に匹敵するようになりました。パチンコ店で一般的に見られる別の形式の機械である「パチスロ」は、鋼球を使用しません。代わりに、これらのマシンにはトークンまたはコインがロードされ、従来のスロットマシンと同様のトリガーリールがあります。さらに、オンラインカジノは日本市場に対応するために「パチスロ」活動を提供しています。

歴史

パチンコのデバイスは、1920年代にアメリカの「コリントのバガテル」に基づいて名付けられた「コリントゲーム」(コリントゲーム、コリントgmu)として知られる子供のおもちゃとして開発されました。もう一つのインスピレーションの源は、18世紀の西ヨーロッパで考案されたビリヤードジャポネ、または「日本のビリヤード」でした。1930年頃に名古屋で大人の娯楽として生まれ、そこから拡大しました。

第二次世界大戦中、日本のパチンコ店はすべて閉鎖されましたが、1940年代後半に再開しました。1948年に名古屋に最初の商業パチンコ店がオープンして以来、パチンコは人気のあるゲームであり続けています。占領中の日本の影響力の結果として、台湾には多数のパチンコ店があります。

日本のパチンコ店の大部分は韓国人によって所有されていると推定されています。2001年、英国のBSグループが東京プラザの株式を取得し、日本全国で約20のパーラーを運営し、英国にもパーラーをオープンしました。

1980年代以前のパチンコ遊技機は、ベルを使ってさまざまな機械の状態を示す機械装置でした。電気は、ライトを点滅させ、ボールが取り外された機械などの問題を示すためにのみ使用されました。ボールはフリッパーを使用して発射され、その速度はフリッパーをさまざまな程度に下げることによって制御されました。この間、西陣と三共は著名なメーカーでした。今日、オンラインオークションサイトで入手可能なこれらのマシンの大部分は、1970年代にまでさかのぼります。その後、パチンコ機はより多くの電子部品を統合し、電気の使用を必要としました。

Anyway, I’m getting ahead of myself because I haven’t won any points to exchange yet, but I’m already a little concerned that the window next door won’t have enough cash when I strike the jackpot!

When he realizes I have no idea what I’m doing, the employee who showed me how to place the silver spheres in my tray returns to assist me. Permit me to paint a picture for you. The silver spheres are contained in this container at the bottom of the machine; in front of me is the display with a video screen in the middle; around that is a board with numerous protruding gold metal pins; circling this board are numerous flashing colored lights; and near my hand are a few buttons and a large clockwise-rotating knob.

誰がパチンコを使っていますか?なぜ人々は中毒になっているのですか?

一度中に入ると、会場の限られた廊下がプレイヤーでいっぱいであることがわかりやすい。 部屋はタバコの煙で満たされ、騒音は圧倒的です。 長い、眩しい廊下に配置されたヤングリングマシンは、古典的なピンボールゲームと未来的な一銃の強盗に似ており、それぞれは強力なスピーカー、激しいビデオモンテージ、そして閃光するライトのバラージョンで装備されています。 音、霧、光の組み合わせは感覚への攻撃です。 プレイヤーは魅了され、片方の手はマシンのダイヤルに、もう片方はジョイスティックに、彼らの目はビデオスクリーンに粘着し、タバコは彼らの指の端から浮かび上がります。 彼らのほとんどは10年以上前に引退したようだが、若い人々も数多くいる。京都オタニ大学社会学教授ナオコ・タキグチ(Naoko Takiguchi) 彼女はギャンブル依存症のリハビリテーションプログラムを運営しており、ビデオゲームの要素がすでに日本で普及しているパチンコ依存を悪化させる可能性があると主張している。 彼女は「政府はこれを重要な問題として認識していない」と述べている。 日本は最近、依存症と戦うための規制変更を実施し、補償制度が「刺激的」でないようにする義務を含む。 しかし、パチンコはまだギャンブルの形ではなくゲームと見なされているため、その極めて中毒性の性質は監視から逃れています。 そして、彼女によると、日本では、中毒はすでにタブーの話題であり、それを議論したい人はほとんどいません。 彼女は、恥ずかしさのために、人々が助けを求めるのに長い時間がかかると言います。サッカーベッティングのヒント

なぜ日本では違法ではないのですか?

米国のカジノとは異なり、直接の現金優勝の理論に基づいており、したがって日本の厳格なギャンブル法の下で違法であるため、パチンコはあなたがあなたの賞金をどのように請求するかに関連する穴を活用することによって自分自身を合法にしました。 それはまた、日本のヤクザがかつて賞金の支払いを支配していたため、タブーと考えられています。パチンコは1920年代に日本に初めて導入されたが、第二次世界大戦後、国の最大の少数派が議会を設立し始めたとき、それは離陸した。 Sung-Yoon Lee は Tufts University の Fletcher School の韓国語研究の副教授です。 彼によると、韓国人は国籍問題と差別が主流企業に入るのを妨げたため、パチンコを重視していた。 「このパチンコ産業は、生活を楽にすることを可能にしただろう」と彼は言います、「もちろん現金ベースの産業です。 疑わしい企業だ」 李氏によると、パチンコの大半は現在も日本に居住する韓国人が所有しているという。 これらの所有者の約30%が北朝鮮とつながっている。 彼は、1990年代の業界の頂点で、これらの所有者は毎年数億ドルを平壌に送っていたと主張する。 「北朝鮮のような貧しく小規模な経済にとって、それは無意味な金額ではない」と彼は言う。 実際、これは北朝鮮の年間輸出収益に相当する」と述べた。 当時は相当な金額だった」と話した。

パチンコの基本

BBCの記事によると、ピンボールとスロットを混ぜたようなゲームは1940年代に人気を博し、現在日本には12,500を超えるパチンコ店があります。まず、プレーヤーはマシンに現金を挿入して小さな金属ボールを取得し、プレーヤーはレバーでマシンに発射します。一部のボールは範囲外に落ちますが、一部のボールはボーナスエリアに着地し、通常はより多くのボールを獲得するチャンスがあります。

パチンコ店に足を踏み入れるたびに、光景と音はミニラスベガスのようです。通常、プレーヤーはキャッシュアウトして賞品を受け取り、後でパチンコ店のカウンターで他の商品と交換することもできます。

Each pachinko machine has different nuances.

  1. Put money in the machine (cash only) on the left side.
  2. Press the ‘Play’ button (marked’玉貸’’).
  3. Turn the round lever, which will let metal balls shoot out. Continuously hold it, so balls keep shooting out.
  4. Aim the balls for the upper left area of the pachinko board.

国ごとと個人ごとの利益と損失は何ですか?

ゲームとしては複雑に聞こえますが、パチンコは日本の主要なビジネスであり、国民の執着であり、12,500を超えるパチンコホールがあり、スロットマシンを備えたものもあり、世界の他の地域のすべての合法的なカジノギャンブルを合わせた4倍の収益を生み出しています。このゲームは、パチンコ会社の年間利益30兆円を生み出します。日本の立法府は最終的に昨年パチンコ活動を合法化し、約15年間の議論に終止符を打ちました。日本のパチンコは、マカオとラスベガスを合わせたよりも一貫して多くの収入を生み出しており、約30兆円、つまり国内総生産の4%を占めています。

日本におけるパチンコの将来の評決

実質的な経済的利益を生み出しているにもかかわらず、パチンコは常にやや違法な活動として認識されており、中毒性のある行動に関連していることがよくあります。最近、パチンコの巨人は、汚名なしでこのストレス解消ゲームをプレイすることに興味がある女性参加者を引き付けようとしています。通常の4円から1円でボールを購入でき、賞金が少ないパーラーを設けることで、ギャンブルからゲームそのものに重点を移す取り組みが行われています。

マクドナルドやスターバックスなどの日本の国際的なブランドに続いて、マルハンなどの多くの近代的なメガパーラーは現在、禁煙エリアを提供しています。ゲームに観光客を呼び込むため、英語のパチンコ指導が入ったパンフレットや財布などの景品が配布されている。将来的には、パチンコ店は家族向けのラスベガスのカジノに似ているかもしれません。

北斗マシンのDD拳の特徴

注目ゲームのジャックポットペイアウト率は319分の1であり、ハイリスク、ハイリターンのゲームであることを示しています。しかし、巨大か何もないですよね?ゲームのボーナス、特別な時間、および急降下機能に細心の注意を払ってください。通常のゲームプレイ中は、ダイヤルを完全に回さないでください。適度に旋回すると、マップの左上隅を狙うことができます。ただし、ボーナスラウンド中は、最大の力でダイヤルを回してボールを右に動かします。

スロットジャックポット/スペシャルタイム

Watch to see if three matching symbols appear on the slot machine. This is the jackpot, and getting it puts the machine into payout mode. During “Special Time” the probability of doing well increases.

ボールはボーナスコンパートメントに落ち、ライトやその他の効果が点滅します。ゲーム内の色や点滅する照明が異なると、ボーナスを受け取る可能性が高くなります。たとえば、虹色のスペクトル色は、このゲームのチャンスの可能性が最も高いことを示します。追加の「ビッグチャンス予測」には、画面上の文字のグループ、パターン化された文字または背景(単色ではなく)、およびその他の色の変更が含まれます。詳しくはYouTubeの動画をご覧ください。

Now, you’re ready to experience gaming in Japan with the DD Fist of the North Star pachinko machine. For the real Japanese experience, come to Japan to play pachinko!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *